katabami.org

思索とアートとヘアカット
ページ:

山口花子さん(統合失調症)

  加来病院病棟

加来典誉 急患さんですか。新患。わたしが担当ですか。はい。保護室ですか。保護室。男性ですか、女性ですか。女性。山口花子さん。わかりまりした。何歳ですか。二十一。統合失調症の傾向?ですか。また、美人を連れて行きましょうか。いる。久家さんと亀井さん、両方いる。はい、、わかりました。一緒に行きます。ちょっと、落ち着かんでしょうけれど、そろったら、行きますから。お水持ってね。

  加来病院第一病棟保護室前

加来典誉 はい、行こうね。久家さんと亀井さん。いつも通りだから。水持って、氷持って。入るよ。

  加来病院第一病棟保護室

加来典誉 止まらないね。うーん、どうしようかな。じゃあ、いつものやつやろうかな。いつものと同じじゃ面白くない。
久家沙由里 いや、いいですよ。
加来典誉 ちょっと正座しようね。むじょうじんじんみみょうのほうわー。ひゃーく・・・、
山口花子 ははは。
加来典誉 おかしいですか。
山口花子 おかしい。
加来典誉 これ、結構、効くんだよね。
山口花子 おかしい。
加来典誉 なんかさ、ここに入ってくる時に、どうだった、眠れなかった?
山口花子 眠れなかった。
加来典誉 それから、食べてないでしょ。
山口花子 あんまり食べてない。
加来典誉 お部屋は散らかりっぱなし?独り暮らし?独り暮らし。散らかりっぱなし。だろうね。心の悩みがあったんじゃない?
山口花子 ありました。
加来典誉 それが原因ですね。だからね、この病院でやらないといけないことは・・・、ここは病院です。軍の特殊施設とかじゃないです。スパイ組織とかね、そういうすごい所じゃないですから。単なる精神病院です。ここ来ても、人生終わりとかじゃないですから。今はだいぶ薬も良くなったし、薬も飲まなくていいかもしれない。普通の人として生活できますから。心配しなくていいですから。心配しないでください。ここに入院している目標。まず、ちゃんと食べること、それから、ちゃんと寝ること。それができたら退院です。で、心の悩みに関しては、退院してから考えましょう。ちょっと今、お伺いしておきましょう。恋愛ですか?
山口花子 そうじゃないです。
加来典誉 彼女たちがいると言いにくいですか?彼女がいないほうがいいですか。
山口花子 いえ、そんなことないです。
加来典誉 ぼくだけがいいですか?
山口花子 いやー、どうしようかな、言います。あの、お金がないんです。で、ちょっと困っている。
加来典誉 何か目標があるんですか。お金を使う。
山口花子 あります。
加来典誉 どうしてもかなえられない。で、お金が足りないから、ちょっと困った状態になっている。じゃ、ちょっと退院後に考えて行きましょう。とにかく、寝れるようになる、食べれるようになるということを考えましょう。それから、退院後すぐにその問題について考えていきますからね。ま、徐々に考えていってもいいですけれど、入院中に。もっとくわしく話してもらって。今はちょっと落ち着かないでしょうから。とりあえず、お水でも飲んでね。飲みましょう。みんなで飲むから、大丈夫。お薬入ってないから。どれ飲んでもいいから。わたしたちが先に飲むから。お薬が入っていないことを証明するから。入ってないでしょ。入ってない。おいしいでしょ。おいしい。じゃあね、お母さん来ているのかな?お母さん。お母さんに美味しい持ってきてもらおうか。近くにセブンイレブンがあるから。何か自分が好きなものないかな、セブンイレブンにありそうなもので。何か持ってきてもらおう。お母さんに。ここまで来てもらおう、お母さんに。何が欲しい?ヨーグルト。ブルガリアヨーグルト?ブルガリアヨーグルト。スプーンつきで持ってきてもらおう。飲み物は?特に要らない。お水でいい。よし、じゃあ、お母さんにここまで来てもらおう。わたしはもう来ないからね。お母さんが来てくれるから。わたしはもう来ないからね。お母さんが来てくれる。看護師さんと一緒にね。別の看護師さんかもしれない。この看護師さんじゃないかもしれない。男の人かもしれないけれど、怖がらないでね。怖くないから。大丈夫だから。じゃあ、ニ、三日、二日間ぐらい入っていて、、ここに。落ち着くんですよ、ここにいると。最初はね、なんでこんな狭いところに入れられるんだと思うかもしれないけれど、刺激がないでしょ、静かで、何にもないでしょ、だんだん落ち着くんですよ。ちょっと入っておくと落ち着くから、眠れない時はね、すいません、眠れませんって、八時ごろ言ったらいいですから。八時じゃない、十時ごろとかね。睡眠薬くれるから。出しておきますから、弱いの。市販レベルですね。本当の精神科のレベルじゃない、市販レベルのを出しておくから。ロヒプノールを出してもいいけれど、そこまで強くなくていいんじゃないかと思います。あんまり強くないのを出しておくから。じゃあ、また、来週、会いましょう。来週の火曜日かな。もうすぐだね。もう出れているんじゃないかな。と思う。いつもの様子だと。じゃ、一旦帰るから。ごめん、閉めるけれど、ね、刺激を減らすためだから。いろいろモノがあると、落ち着かなくなるからね。ごめんね。どうしても用事がある時は、看護師さんが横を通りがかる時あるから、その時に、ごめんなさーいって大きな声出して呼んでください。でも、あんまり、ごめんなさーいって何度も言っていると、出れなくなるから。興奮していると思われて出れなくなるから。じゃあ、またね、お母さん来るからね、この後ね。

  加来病院第一病棟診察室

加来典誉 出れたね。ちょっとね、私物がまだ持たしてもらえないけれど。すぐ保護室に戻る人がいるからなんだけど。あと私物に全部名前を書かれちゃうね。お母さんが名前を書いちゃうから。無くなっちゃうから。ごめんね、申し訳ないけれど。どうしても、これだけは大事な服だっていうのがあったら、お母さんに言っておいて、電話して、持ってこないように言って、そしたら名前を書かれないから。テレホンカードが預けてあるから。いつ話す?お金のこと。
山口花子 退院してから。
加来典誉 よし、それでいい。じゃあ、とにかく頑張ってみよう。まぁ、一ヶ月くらいで退院できると思うよ。
山口花子 そうですか。
加来典誉 今、寝れるでしょ。
山口花子 寝れます。
加来典誉 落ち着いたんじゃないかな。そのまま、やっていきましょう。

  加来病院第一病棟診察室 一ヵ月後

加来典誉 外泊を二回してください。実家に二回泊まってください。二週間かけて。大学だっけ?
山口花子 大学生です。
加来典誉 授業遅れちゃうね。留年しちゃう?
山口花子 留年しちゃう。
加来典誉 留年しなくていいんじゃないかな。なんとかならないかな。
加来典誉 そうですね。

  山口花子は退院した。

  加来病院外来診察室

加来典誉 いよいよお金の話を聞かないといけませんね。お母さんは、知ってるのかな。
山口花子 いや、知らないです。
加来典誉 何に使いたいんですか。
山口花子 誰にも言わないですか。
加来典誉 うーん、ぼくはまだ独身だけど、好きな人がいて、その人と、お付き合いが始まったら、その人には言いたいですね。病院には言わないようにしてもいいですよ。カルテにも書かないし。彼女とか奥さんには話しておきたい。誰にも話せないのは耐えられないです。女の人は秘密を持つのは得意だから。
山口花子 そうですね。
加来典誉 どうしたの。
山口花子 実はね、アイドルと結婚しようと思っているんです。
加来典誉 あ、ほんと、会うためのお金なんだ。それはCMに出すとか?
山口花子 そうです。
加来典誉 本気だね。しかしですね、アイドルさん、男だよね、じゃないといけないのかな、それとも、その人と似たような人でもいいのかな。どっち。似たような人でもいいの?わたしも女優の上原多香子が好きだった。本気で一緒になろうと思った、でも、今は、上原多香子に似たところのある、本田茜さんっていう、コナミスポーツクラブのインストラクターと一緒になろうと思ってる。どう?その人じゃないといけないの?それとも似たような人でもいいの?似たような人でもいい。そしたらね、似たような人にしたら。そのほうが楽だよ。何でかっていうとね、芸能人の生活とね、わたしたちの生活ってちょっと違うんだよね。芸能人はだいたいこんな感じらしい。週に一日か二日ぐらい働いて、後はお休みらしい。ただ、駆け出しのアイドルはもっと忙しいだろうけどね。そうして、おカネもらって暮らしている。で、追っ掛けがあったり、待ち伏せがあったりして、そういう生活している。ちょっと違うからね。で、あの、例えば、アイドルの人がね、木村拓也さん?ああ、結婚しているじゃない?木村拓也さんは、もともと付き合っていた彼女がいて、今でも付き合っているだろうけど、普通の人なの、すごく支えてもらったみたいで、大好きらしいんだけど、結局、工藤静香さんと結婚したでしょ。やっぱり無理らしいんだよ、普通の人と結婚するのは。嫉妬されたりしてね、ファンからね。なんでこんな女と結婚するんですか、とか言われて。芸能人同士だったら嫉妬されないというのがあって、結局、工藤静香さんと結婚したわけ。今でもたぶん前の彼女さんとは付き合いがあると思うけどね。工藤静香さんも分かって結婚しているから、そこは大人の世界だから。出会いの機会が少ないだけでね、出会いの機会が増えれば、似たような人は出てくると思うよ。出会い系のバーっていうのがあるから、一度、いってみるといい。それから、ホストクラブに一回、行ってみたら?似たような人がいるんじゃないかな、何件か行ってみたら。中洲あたりで。お父さんに連れて行ってもらって。わたしこういうことがあって、アイドルを好きになってしまったんだけど、もう止めることにした、って言ったら、喜ぶと思うよ、お父さん。良かったって、言って。そんなの止めてくれて。うん、いいいい、ホストクラブぐらい連れて行ってあげるって。木村拓也さん似の人いませんか、って言ったら、一人ぐらいいるから。行ってみたら。まずね、お洋服とか髪型とか凝ってみてね。それから、身体ね。肌も綺麗にしていて、髪の毛も綺麗にしていて、肌と髪の毛が綺麗って言うのは一番大事だね。それから顔つきwpきれいにして、洋服をきれいにして、髪型をきれいにして、出会い系のバーで出会って、終わりと。そういうプランにしよう。まず、ホストクラブに行ってごらん。ホストクラブはお洒落で行かなくてもいいから。お洒落で行ってもいいけれど。お洒落で行ったほうが本当はいいだろうねね。お洒落の仕方がよくわからない?わからない。お父さんとお母さんはお見合い結婚?そう。お母さんが、お洒落とか恋愛とかがくだらないことみたいに言う?言う。そこのハンデがあるんだけどね。じゃ、まずお洒落だけど、ネットカフェで、いろいろ雑誌を見てごらん。いっぱい女性誌があるから。こんな雑誌もあるし、あんな雑誌もあるんだ、いろいろ見ていてね、あ、わたし、この雑誌がいい。この子、かわいいと思う、これもいいわね、これはたいしたことないわね、色々選んでいるとね、共通点があるの。自分がいいと思った、お洋服のモデルさん、自分の顔になんとなく似た人なの。らしいんだよ、女性に聞くと。だいたい自分に似た人をかわいいと思うらしい。自然だよね。自分ができるお洒落を選んでいるから。それをいっぱいやっていると目が肥えるから、それでショッピングに行けば、これとこれとこれを組み合わせれば、あの雑誌の人みたいになるかな、ってなるからな。そうやって服をお洒落にして、美容室に行くといいよ。美容室に行って、服を買いに行くのはダメだからね、美容師さんは、お客さんの服装に合わせて髪形を決めるからね。で、ホストクラブに行くか。綺麗になってから、ホストクラブに行くのがいい?綺麗になってからがいいんだね。やってごらん。わたしはね、アドバイスしかできないの、お医者さんだから。人に迷惑をかける行動をしている時は、行動を制限することができるけれどね。普通の時は、人生の指示はできないの。こうしなさい、みたいに。わたしは、こうしたらいいんじゃないですか、までしか言えない。だから、それは、たとえば、もうだいぶいいから、行っていいかもしれないね、って言うから。お洒落してね。まあ、やってごらん。また、来週。お薬は飲んでないね。睡眠薬も飲んでいない。ほぼ普通の人と同じだから。大学も大丈夫そう?大丈夫。じゃあ、行ってごらん。アパートだよね。で、実家がある。じゃあ、アパートも掃除した?してる。お母さんが来た。安心だ。じゃあ、来週また会いましょう。

  加来病院外来診察室 一週間後

加来典誉 だいぶ綺麗になったね。これはいい。行ってみたら、ホストクラブ。
山口花子 そうですか。
加来典誉 もういいよ、最低限、綺麗にしていたら、喜ぶから、ホストも。やっぱりね、なんにも綺麗にしていない人が来ると、嫌な顔をするよ。なんにもお手入れしてしていない人が来ると、ホストも嫌な顔をするよホストも。心の中でね。出さないけれどね。いいんじゃないかな。お父さんに、ホストクラブ連れてってって言ったら、いいよ、って言ってくれるから。なんでって言われたら、アイドルの話をしたらいいから、そしたら、それはいいよ、って言ってくれるから、細かいことは、先生に言われたって言えばいいから。
山口花子 わかりました。

  加来病院外来診察室 一週間後

加来典誉 行ってきた。面白かった。
山口花子 面白かった。
加来典誉 いた、木村拓也さんみたいな人?いた。いろいろ話してみたでしょ。どんなして恋愛したらいいとか。で、わかったでしょ?
山口花子 わかった。
加来典誉 それで、ホストクラブで時々、勉強しながら。出会い系のバー、大名あたりにあるから、大名あたりで、バーに入って、出会い系のバーありませんか、って聞いて、出会い系のバーを探して、カウンターに座っとくだけでいいから。そしたら、男の人が声をかけてくれるから。ちょっと、ちょっとって、いやだったったら、ごめんなさいって言えばいいし、よかったら、お話しましょう、ってすればいいから。もうちょっと頑張ってみましょう。自分で納得できるようになってから、バーに行きましょう。たいしたことのない男だったら・・・。男もわかっていて、ぼくぐらいだったら、これぐらいの女性じゃないと無理だよな、っていうのもある。これはちょっと美人すぎてぼくには無理だな、っていうのもあるから。
山口花子 わかりました。
加来典誉 行ってみるの、今度?
山口花子 行ってみます。
加来典誉 いいんじゃない。ま、最初はなかなか当たらないけれど、慣れてくるから。

  加来病院外来診察室 一週間後

加来典誉 なかなか当たらない。他の人が来た?
山口花子 他の人が来た。
加来典誉 なかなか来てくれないね。でも、だいぶ自信が付いたでしょ。男の人が来てくれるって分かったでしょ。自分は天涯孤独の身と思ってたけど。
山口花子 そう思ってました。
加来典誉 そうでもないから、ちゃんと来てくれるから。花子さんの人生だから、実りの多いものにしてください。毎週、来てもらって。とりあえず、彼氏が出来るまでは毎週来てもらって。
山口花子 わたしもそのほうがいいです。
加来典誉 彼氏が出来たら、二週間に一回とか、一ヶ月に一回とかでいいから。そうしましょう。

  加来病院外来診察室 一週間後

加来典誉 できない。ホストクラブ、行ってるの?行ってる。勉強になるからね。もういいの?うまくいきそう。じゃあ、頑張って。できたら、そう言って。

  加来病院外来診察室 数週間後

加来典誉 彼氏、できたね。これで終わりだ。花子さんの病気は終わった。ほぼ終わり。普通の人と同じになった。後は、二週間に一回来てもらって、そのうち一ヶ月に一回にして、そして、無くなっちゃっていいから。付き合い始めて二ヶ月くらいは、二週間に一回ぐらい。後は、一ヶ月に一回にして、二、三ヶ月続けたら、後は来なくていいから。気が向いたときに来ればいいから。来たいと思ったときに来ればいいから。
山口花子 わかりました。

  三ヵ月後、山口花子は来なくなった。


サイトマップ © katabami.org 2024