katabami.org

思索とアートとヘアカット
カテゴリ:

悪魔666

危険人物
賞(○)ばかりで罰(×)を全然、受けていない。(特に悪魔666の女性にその傾向がある。)
電気バリカンでの散髪を異常に恐れる。
(男性:丸刈り・女性:オカッパ・ショートカット・ボウズ・刈り上げ)
人格が低すぎる=神経刺激低(ー)負担性人格障害:偉くない人(:悪人)
低知能・ウソつき(コミュニケーション不能:約束・契約は厳禁)・怠け者・残酷・神秘的・他人頼み
自分が電気バリカンで刈られるぐらいなら、自分以外、全員、殺してもいいと思う。
人を不幸にするのが価値のある人だと思っている。
すぐ泣く(感動することは全くない)
散々、残酷なことをして、ぶが悪くなると、最後は「ゆるして」と言う。
自分のことしか興味がない。
自分では努力しないで、相手をダメ(ダサくする)にすることで、勝とうとする。
相手を侮蔑(ぶべつ)する(:バカにする)ことで、自分が相手より優れていると認識する。
自分以外の相手を不幸にすることを人生の目的とする。
カッコつけてばっかり、実質が全くない。
相手がカッコいいのは許せないので、相手をダサくしようとする。
相手の欠点を少しでも見つけて示すことで、自分が価値があると思う。
自分は自由にするのに、相手の自由は制限する。
自分の失敗は笑って済ますのに、相手の失敗は叱り飛ばす。
外見と肩書きとお金に異常にこだわる。
この3つ(外見と肩書きとお金)があれば、神になれると思っている。
全部、神様のせいにする。
自分は正常(健常者)だと自認する。
自分に従わない相手は協調性がないと断定する。
出来のいい世界は耐えられない。
出来の悪い世界を好む。
勝ち負けにこだわる。
負けず嫌い。
くやしがってばかり。
非合理的。
矛盾だらけ。
暴力的。
恐怖だけが行動の原因で、優しさは無意味。
自分は相手に酷(ひど)いことをしていいのに、相手が自分に酷(ひど)いことをするのは許さない。
バレなければ、証拠がなければ、いくらでも悪いことをしたり、ウソをつく。

人から教えられたワンパターンな戦略しか使えない(例:「証拠は?」「お前の負け」「コロス!」「カッコいい・・・(プライベート生活をなくす戦略)」)

人種(BROWN・BLACK・YELLOW・WHITE)に関係なく当てはまる。

*通常の日本人の産んだ利益や税金が、「副業ちゃうやん」や嘘っぱち登録者数「YouTube」に流れる。「投資しませんか」は、日本人のお金が白人に流れていってるだけ。

参照:
神経活動
ヤギ(ENEMY)によるヘアカット(オナニー)の楽しみ
東京大学・慶應大学・早稲田大学・麻生情報専門学校・卒業生顔比較
ヤギ(ENEMY)によるヘアカット(オナニー)の楽しみ
戦後体制(第二次大戦後)
帝国

悪魔666(ENEMY)は、電気バリカンで丸刈り+電気椅子で焼き切る→殺害する→蘇生する(実行:帝国軍)を666回行う。

サイトマップ © katabami.org 2024