katabami.org

思索とアートとヘアカット
カテゴリ:

本田茜

本田茜

本田茜

本田茜テーマ曲

加来典誉・演説

誕生日プレゼント

本田茜・性別:女
本田茜・生年月日:1983-03-18

加来典誉を精神病院に送ろうとした女。
鼻を整形?

コナミ事件詳細

梅山かおり事件

加来典誉が入会する前に、加来一太郎舶来品のレイメイ社員(氏原(中村)美樹・武田妙子)も通っていた。福岡県警本部での取り調べの際に、加来典誉は、飲み物を自販機で買いたいと言ったが、拒絶され、代わりに水を出された。加来典誉は水を飲むと意識がおかしくなった。しばらくして、福祉関係の婦人が二人取調室にやってきた。加来典誉は、その後、加来一太郎が来て、刑事と福岡保養院に連れて行かれる。福岡保養院院長大村重成はしきりに入院を勧めたが、保健所は、措置入院にはできないと回答。一人暮らしの自宅(福岡県福岡市中央区平尾4-6-19サンスクエア701号室)に帰る。しばらくして、何者かが自宅に侵入してきた形跡を発見。うさぎの餌袋の中に臭い黒い球が入っていた。福岡県警に通報後、制服姿の男性警官が自宅に来るが、引っ越しを勧めて退去。その頃、出入りの水槽業者(アクアポケット:代表:江嵜創)から、サンスクエア1階で暴漢に襲われたので、引っ越してほしいと言われる。また、隣の部屋の住人と称する若い女性が、水槽の砂がベランダに流れてきていると苦情を言う。1階のインターホンを使わず、直接、ドアベルを押した。うさぎも飼っていておかしいとも言う。なぜ知っているのか不思議だった。うさぎを飼っていることは、大家からの許可済みだった。その後、別のマンションに引っ越しする。引越業者(アシストマーク)は、夕方からの引っ越しを提案。夜中まで引っ越し作業が続く。加来典誉はかなり疲労した。引越業者は家具をいくつか壊していたが、全く保証しなかった。ドラム式洗濯乾燥機を取り付け作業をしないと言っていたが、苦情を言うと、渋々設置。加来一太郎は、完全設置という作業が後日あるからと念を押す。後日、完全設置の作業をしてもらった後、ドラム式洗濯乾燥機は、洗濯過程のまま何時間も回り続け、終了しなくなった。洗濯物の処理はできなくなった。引越し先のマンションの、部屋の電気が切れているので、工事を頼むと、激しい音を立てながらかなりの体臭のある男がやってきて、作業をする。直そうとしないので、追い返すと、代わりに、加来一太郎加来佳雅代がやってきて、そのまま、車で精神科福岡保養院に連れて行かれ、院長大村重成の診断で6年間入院となった。

*加来典誉と直接会える人(予定)
みぃちゃん@nhcv
あかね@mamarin
みぃ@mii
にかけ@hiitan

宮崎駿 様

サイトマップ © katabami.org 2024